くすりエクスプレス 医薬品のご注文【公式サイトのご案内】

個人輸入通販のご案内

くすりエクスプレス

くすりエクスプレスはネットから医薬品を注文できますが、ご利用には会員登録が必要です。登録にはご注文者の情報と、受信することができるメールアドレスが必要です。本人確認が完了すると、すぐにでも個人輸入の注文を行うことができます。

 

くすりエクスプレスでの個人輸入の通販では、医薬品の価格が海外での流通価格を基準にさだめられていて、国内で購入するのと比べて価格が安いので、ご利用には大きなメリットがあるともいえます。

 

くすりエクスプレスで取り扱われている医薬品は、すべて正規品となります。公式ホームページでも「正規品100%」と記載しており、出所が不確かな医薬品や、安全が確認されていない成分が含まれる医薬品は取り扱っていません。品質も確かです。

 

品質と価格に問題がないので多くの方から個人輸入は利用されています。それ以外にも個人輸入では日本ではまだ認可されていない成分でも、海外で認可されている医薬品であれば取引を行うことができます。そのために最新の医薬品を購入することができます。コロナウィルスの治療薬のこともあり、いま海外の最先端の海外の医薬品に関心が高まっています。

 

最新の医薬品のなかでも特にジェネリック医薬品は、くすりエクスプレスでも特に注文が集まっています。ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品の主成分をつかってあたらしく製造された医薬品です。先発薬ですでに成分の効果と安全が確認されているために製薬会社としては開発費などを安く済ませることができることから市場に出回る価格が安くなります。

 

ジェネリック医薬品は海外では利用する人はとても多いですが、日本国内での流通状況はそれほどたくさんありません。国内でもジェネリック医薬品を製造するメーカーも少なく、日本は医薬品の認可に時間がかかってしまうこともあり流通が遅れているのが現状です。

 

日本の皆医療保険制度はこのままのシステムでは維持することができないという意見がちらほら聞かれます。政府の財源は有限ですので高齢化社会となれば医療費の総額が上がってしまい当然のことですが、日本の財政からの医療費負担は増加の一途をたどっており、少子高齢化の現状ではでは税収だけでは医療費の負担を賄えなくなってきているのです。

 

その解決策として個人輸入の規制緩和が有効ではないかと議論されています。個人輸入で購入する場合には国の財源を消費することなく個人の方が購入することになります。また、注文者も病院に行くよりも安い価格で医薬品を手に入れることができます。

 

ただし、この制度の欠点としては医薬品のことに詳しくなくても購入することができてしまうことです。くすりエクスプレスでも初めて個人輸入される医薬品を注文される前には、医師の診察を受けることを推奨しています。

更新履歴
このページの先頭へ戻る